時代

作文 - もののはずみ

上記で言うところの「美しい人妻」(以下Xさん)と「先輩(男性1)」(以下Yさん)が仲違いした。

私はもうかれらのいる部署を離れていて、というより仲のいい人たちで今もその部署にいるのはこのふたりだけになっていた。

3月末、私は職場近くの神社に行って、「来年度私の身に何が起こっても耐えるので、XさんとYさんが今の係を出て平和に仕事ができますように」と願掛けをした。で、本当に今後悔しているのはこの後に「私一人の不幸で救えるキャパが一人ぶんしかないのなら、Yさんを優先してくれ」と付け加えたことです。

なぜならXさんは女性で、綺麗で、みんなが彼女を大事にしていたけど、Yさんはみんな彼のことを好きだったけど多少手荒に扱っても大丈夫と思ってあんまり大事にしていなかった(と私は思っていた)ので、同じくらい大変な境遇にあってもXさんならみんなが彼女を助けてくれるだろうと思ったから。あと、Yさんはずっとそういう目にあっていたし、私がいた時も私のお守りをはじめとして色々と胃の痛くなるような役回りをして気の毒だったのでそろそろ何の心配もないポジションに行かせてやってくれと思った。

そうしたらXさんもYさんも別々の係に行った。めちゃくちゃびっくりした。状況から行って少なくともふたりともが当時の係を出ることはありえないとみんな思っていた。私もそう思っていた。

Yさんは私の望み通り恵まれた係に行った。Xさんはそうではなかった。ここまではある程度想定の範囲内だったけど、Xさんの周りの人が誰も彼女を助けないことは想定していなかった。上司も前任者も同じ係の係員も全部だめ。上司は仕事はまあできるけど管理職としての意識がゼロで、きっと「管理職は部下のマネジメントをしなければならない」と誰も教えてくれなかったんだろうと思う。あとの係員はサボタージュと、悪い人ではないけど自分の仕事で手いっぱいで彼女のフォローをしてやれるほどの余裕がないという人たち。前任者はまあ有能ではあるけどこれまでの数年この環境にいて荒んでしまって彼女を助けてやろうという気はまるでなし。

私ももうそこにいないし、他に仲良くしていた人たちも異動しているし、Xさんの傍にいる味方はもうYさんしかいなかった。そのYさんも部署は同じだけどもう係が違うし、誰も助けてくれない(上司は助けてくれないどころか困ったら係員を盾にするタイプ)中でYさんが周りに恵まれて楽しそうにやってるのが、悲しい?羨ましい?妬ましい?と無意識下で感じていたんだと思う。

それで、何度かXさんはYさんに理不尽にひどいことを言ってしまって、Yさんは優しくて人間のできている人で彼女の置かれた状況のこともよく理解しているから数度はうやむやにして許していたけれど今回とうとう怒ってしまった。それは当然のことだと思う。むしろ今までよく怒らなかったと思う。

だって今まで一番Xさんのことを真剣に心配して悩んで仕事だって手伝っていたのはYさんだったのに、怒らなかった数度だって自分もひどいことを言われて傷ついて内心不満に思いつつもそれでもまだXさんのことを心配していたのに、Xさんはそんなこともわからなくなってしまったのだろうか。

Xさんはどういうわけか私のことをすごく好きでいてくれているみたいだから時々連絡するけれど、その度に気を遣ってくれてありがとう、心配させてごめん、いつも励ましてくれてありがとうって言ってくれるけど、Yさんは私よりずっとXさんのことを気遣って心配して励ましていたのに、そのことを分かっていないんだろうか。

 

琵琶湖疏水

先輩の話 - もののはずみ

この間久しぶりにこの人に会ったのでその話をしたい。

4月に異動してから4ヶ月くらいの間に、あらかた会いたい人には会いに行ったのだが、この人には会っていなかった。そもそも異動の挨拶だって内線でしたのだ。会いに行ってうるさがられるのが怖かった。

異動してから三度電話をかけた。一度目は、「〜は帰りました」と言われた。「わっ…………かりました」とかろうじて返事をすると、「冗談に決まってるじゃん」と言われた。二度目は、「〜さんですか」と聞くと、「誰でしょう」と言われた。三度目に同じことを聞くと、「違います」と言われた。

でも全部親切に対応してくれた。一度目なんか、ちゃんと休みは取れるのと聞いてくれたので涙が出そうになった。

機会があるたびにこの人のいる部屋に行っていたけどいつもいなかった。当然と言えば当然で、私は業務時間外にしか行かなかったからだ。朝早く、昼休み、定時過ぎ。業務時間中に行って、「仕事してるんですけど」って顔されたら傷つくなあと思ったのでそうした。

が、とうとう我慢ならなくなって、この間初めて業務時間中にそこに行った。三度も電話して迷惑をかけたんだから一言お礼とお詫びくらい言ったっていいだろう、という理由をつけた。お詫びのお菓子を買って行って、でも仲のいい他の同僚に横流しすることは明白だったので、本人ではなく彼女の好みに合うようなものを見繕った。

体の丈夫な人ではなかったので当日仕事を休んでいる可能性も考えて、机に置いても悪目立ちしないような包装をして、「お詫びのお菓子です 横流し可」と書いた付箋まであらかじめ準備した。でも当日果たしてその人はそこにいた。あんまり長い間会わなかったせいで顔を忘れていて、こんな顔してたっけ、と思った。

忙しいのに何回も電話してすみません、と言うと、そうだよぼくそれどころじゃないんだから、と言われ、悪かったなと反省しかけたところに鉛筆でやたらめったら書き込んだ跡のある紙を示された。県内の高校の一覧だった。今度は二番目の子が受験だからと言うその人の一番上の子の合格通知を私は見たことがある。見たい?と聞くから、見せたいんだろうな、と思って、見たいです、見せてくださいよお、と言ったんだった。確かにそうやって見せびらかしたくなるのももっともで、と言うのはその学校は非常に名の知れた名門トップ校だったからだ。

だからこれお詫びです、と渡して、次にその人が口を開く前に「〜さんに横流ししていいですよ」と言うと、「じゃあ今から〜さんところに行こう」と言われたので流石に驚いた。なんだこれ、と思いながら一緒に階段を上っているときに、姫、と呼びかけられた。それはその人だけが使う私の蔑称で、ゆとりで、箱入りで、気が利かないから姫だった。姫、そっちはどう。いつもわざと意地悪なことばかり言うその人にしてはあまりにも普通のことを言うので面食らってしまい、つい、いやー向いてないですね、と素直に答えてしまった。優しいから心配するかも知れないと不安になり、でも残業は全然ないですよ、と訳のわからないフォローまで入れた。最近7時とかでも気がついたらみんな帰ってるから慌てて帰るんですよ。その後なんと返されたかは覚えていない。

目当ての人が私を認めてあだ名を呼んだ時、一気に懐かしくなった。前にも私のあげたお菓子がこの人に横流しされた時、わざわざ電話でお礼を言ってくれたから、声を聞くのはそうでもないけど会うのは随分久しぶりだった。

彼女は彼女と私とこの人が同じ島で机を並べていた時、この人が私に対していかにいじわるだったか並べ立てた。姑みたいだった、と言う。当時から彼女はそう言っていて、「(私)さんには男のお姑さんがいますね」と言ったんだった。確かに姑みたいだったけど、後にも先にも私の姑は〜さんだけなんです、と思って、どう言えばいいかわからなくて言うのをやめた。

別れ際に「(私)さんはこれからどんどん羽ばたいていくんですねえ、私は万年ヒラでやっていきます」などと言うので(この敬語は当然いやみったらしいニュアンスであって、別に目下の人間にも敬語で接する丁寧な人という訳ではない)、いやいや早く出世して私を部下にしてくださいよ、と何遍も繰り返し言ったことをもう一度言った。

あとで、元気そうでよかったな、と思って、その時にやっと「元気ですか?」と聞き忘れたことに思い至った。いつも聞かれるばかりだったから、一度くらい私からも聞けばよかった。

作文

 先週、仕事をさぼって遊んできた。さぼったというか休みは取りました。

 あまりに楽しかったので身ばれ覚悟で詳細を書きます。イエーイ先輩見てるう????

 待ち合わせは昼過ぎだったため朝っぱらからお風呂に入りしばらくパン1で過ごしたところ、この日に限ってめちゃくちゃ仕事のメールが来る。パン1のまま返す。仕事のLINE(前の課の後任から)も今何してました?とか言われたら今?パン1だけど?って返していいのかな……と思いつつパン1で返す(聞かれなかった)。ちょうど仕事のメールに返事をしたところだったので2分でLINEを返した(パン1で)のに一向に既読がつかない。パン1のまましばらく待つが返信の来る気配がないためパン1で髪を乾かす。

 嫌だと言っていたのに運動させられる予定だったので一応着替えを持って行くことにして渋々準備し、いい加減服を着て化粧をする。餞別にアイシャドウのパレットをくれた美しい人妻がくるので、そのパレットを使う。いつもよりも気合いを入れてラメをのせる。ディスコ・ダストじゃないけどディスコか?というくらいの仕上がりにする。代わりに口紅は薄いやつにする。

 少し早めに家を出てバス停の近くのパン屋でパンを食べ、そわそわしながら何度も携帯を見て、バスの来る頃にお店を出る。平日昼間なのに思ったより混んでいるから予定通りに駅に着いて電車に乗れるだろうかと不安に思うがちゃんと予定通りの電車に乗る。

 随分前から待ち合わせの場所にいるのに誰も来ないなあと思っていたらみんな反対方向の出口にいた。久しぶりに会うからなんか照れるな……と思った。一年ぶりに親族に会う幼児みたいだ。

 一緒に働いていた時より少し髪を切っておろしていたので、美しい人妻からいまはその髪型にしているのと聞かれてめちゃくちゃに照れた。しゃらくさい髪型の人が前を歩いているなと思ったら先輩(男性1)だった。私以外全員先輩なので、以下美しい人妻、先輩(男性1)、先輩(男性2)とします。

 てっきりみんな昼まで仕事をして一緒に来るのだろうと思っていたら先輩(男性2)だけどうしても仕事の都合がつかず昼まで働いたけど、他二人は一日休みをとったということだった。その他二人がいっときに一日休んで大丈夫なのかが若干気になったがきっと大丈夫なんだろう。

 激しい運動するつもりないですからねと散々言っておいたわりに相当(当社比)運動した。どのくらいかというと二日経ったいま、まだ筋肉痛が治っていない。美しい人妻がいろんなことに興味を示して次々にいろんなところに行くので最高だった。どう見ても運動神経悪くは見えない(体が柔らかいと言っていたし、体が柔らかい人はだいたい運動神経もいいと思っていた)のに、モノによっては私といい勝負だったのであ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜尊い……尊いな……と思った。彼女はほわほわしたタイプの美人というよりはきびきびした美人で、仕事もてきぱきとこなすタイプなので、職場の同僚でこういう一面を知ってるのは限られた人間だけなんだろうなと思うとかなり感慨深かった。初めて玉突きしたんだけど、美しい人妻も初めてだったらしく、ゲームの最中に「自分の順番が来るまで練習する!」と言って本当に隣で真剣に練習していた。美しい人妻はもちろん容姿も美しいけど、こういうところの心持ちが美しいんだよなと思ったし、私以外の二人もあの時かわいいな〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!と思ったと思う。絶対に。

 キャンペーンだか何かでプリクラを撮ることができたので、これも私は写りたくないと言ったけど、撮った。私はただでさえ現役の女子小学生〜高校生の頃からプリクラのらくがきに何を書いていいかわからないので書きたくない女子校生だったのに、今書けるわけがないにも関わらず書かされた。ので、現役女子校生だった頃と同じように「一発で適当な装飾がつくやつ」「日付スタンプ」「枠」のみ使用した。

 

 疲れたので後で続きを書きます。

 

追記(9月17日)

もうあんまり書く気力がなくなってしまった。

その後移動して、お酒を飲んで写真を撮ってううったのしい…たのしいよ…となって帰った。

 

大人になってからもこういう風に遊べるのかと感動したし、あとこういうのに誘っていただけてほんとありがたいなと思った。

昨年は本当に色々とあったので、そのせいで仲が深まった気がしていた。まあそれは絶対あるんだけど、我々はともに外回りのようなことをしていて、特に私は車の運転ができないから、必然的に一日一緒に過ごしてご飯も一緒に食べて車の中でも誰かと二人、というシチュエーションを繰り返していたので、そりゃあ仲深まるよなぁと今更ながら気づいた。

お試し期間は終わってしまったよ

 どういうわけか最近よくどこに戻りたいのか考える。

 戻るというのは、今私はほとんど出向みたいな状態で仕事をしているので、その定められた期間が終わった後に、元々の職場のどの部署に行きたいかという話だ。

 私はそもそも仕事にお金を稼ぐ以上の意味を一切求めていない。今の職場は第一志望ではないし、それ以前に大学を受ける時に「大学では好きな勉強をしよう、全然就活には役に立たないだろうけど、大学を出たらあとは余生」と決めていた。 

 だから本当はどこに行こうがいいはずなんだけど、そしてそれなら少しでも楽な部署に行こうと考えるのが普通だろうけど、最近なんとなくそれ以外のことを考える。

 多分出向してみたら、あんなにみんなが出たがっていてそれに流されて私も早く出たいと言っていた(でも本当はそうでもないことは自分で分かっていた)前の部署が妙に懐かしく思えるからだと思う。その理由のほとんどは今の業務にも環境にもまだ慣れなくて勝手知ったる業務と同僚に対してホームシックみたいな気持ちを感じているだけだとは分かっている。

 でも少しだけ、もっと泥臭い仕事がしたい、と、ただあそこに帰りたいだけからだけではない理由でそう思っているのも多分本当だった。今の職場はずっと早く帰れるし、私の業務そのものには誰かの生活や安全や人としての尊厳がかかっていることもないから気は楽だし(前の部署より偉い人が出てくる確率はずっと高いのでそれは嫌だけど)、変な電話はあるけど返事をしなくていいから天国みたいだ。でもこういうんじゃない気がする。あの日何の気なしに開いた書類にあった文言を直視して追及する選択をしたときに決定的になったように思う。言わないほうがいいことくらい誰に言われなくても分かっていながら「分からなかったり困ったことがあったらまたいつでも私に連絡してくれ」と言ってしまった時にも。

正しさの権化

しそびれていた先輩の話をしたい。

 

ここで言う先輩というのは、去年の私の業務のうち、そのほぼ全ての前任者であり、その半分の相方だった人のことである。

そうなる前、私と先輩はただ同じ課に属しているだけで業務上ほとんど関わりがないという状況で一年を過ごしており、私は先輩に対して「調子のいいカースト最上位の人間、関わりたくない」以上のことを一切思っていなかった。

そういう訳で一年間同じ課にいながらまともに話したこともほとんどない、というところから二人で出張に行き始めて二回目くらいのとき、そのへんの適当なハンバーグ屋さんだかステーキ屋さんだかで一緒に昼ごはんを食べていると突然「大学の時ってさあ、一回くらい自殺考えたことあるでしょ?」と訊かれた。

その次くらいの出張の時、昼ごはんを食べるために入った定食屋に置いてあったテレビから交際相手を殺害した高校生のニュースが流れているのを見ていると、しみじみした口調で「殺したいくらい好きだったんやねえ」と言っていた。怖い。怖すぎる。先輩の奥さんは痴話喧嘩に包丁を持ち出したり結婚するための脅しで投身自殺を図ったりしたというのを踏まえるともっと怖い。

あまりに意図が分からなかったので、その後友達と遊びに行った時、アンパンマンショーの始まるのを待っている間に「どう答えるのが正解だったと思う?」と聞いてしまった。(我々は子連れではなく、大の大人二人でアンパンマンショーを見に行っていた。)

 

ある日、同じ職場のしちめんどうくさい人が私あての電話のあったことをわざわざ出張先に電話してきたとき、先輩が私の代わりに電話を掛け直してくれたことがあった。プレハブみたいな休憩室(そこがその日我々に与えられたスペースだった)の扉を閉めながら、ダイヤルしてから先方が電話に出るまでの間に胸ポケットから取り出した煙草を咥えて出て行った先輩を見ながら思ったことは下記の二つだった。

・先輩ありがとう、一生ついていく

・電話かけながら煙草咥えるやつ超かっけ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!私もやりたい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

後者は諦めた。私は喫煙者ではなかったし、何より女物の服のほとんどには胸ポケットがついていないからだ。あれは胸ポケットから煙草の箱を取り出さないとかっこよくない。鞄の中から小さなポーチを出してその中から取り出すんじゃだめなのだ。

 

我々の業務には人の間違いを指摘して直させるような部分が含まれていた。私の担当している案件で本当にどうしようもないものがあって、これはどんなに懇切丁寧に間違いを一つ一つ教えて正してやってももうどうにもならない、もうほんとに全部だめ、どうしようもない、潰す以外にない、と心の底から呆れ返ったので先輩に訊いた。先輩、ここどうにかなると思います?

俺はどうにかなると思う。そう言われて私は自分を恥じた。私はこんな風に決めつけたり神様みたいに断罪すべきじゃなかったんだ。

ただ、結果から言えば私が正しかった。ここは本当に、本当に、本当にだめだった。潰すしかなかった。潰せないが、でも潰す以外に直す方法はない。これは私だけの意見ではない。

 

先輩は私の前の”相方”があまりに問題のある人間だったことからその落差のせいで私を大層甘やかしており、最初から「絶対に怒らない」と公言していた。実際先輩はどんな時も優しかったのだけど、たった一度私に向かって怒りかけたことがある。先輩の担当している案件の関係で私が危ない橋を渡ったからで、あまりよろしくない人間を、私の個人情報が筒抜けになるような方法で捕捉しようとした時だった。それは他の人もやっていることだった。先輩はそうしようとしている私を止め、私は基本的に先輩のいうことは聞くので、やめた。それから、でも大丈夫ですよ前にも一度やったから、というようなことを言った。(私)さん、と呆れ半分あとの半分のうち驚きと怒りが半分ずつみたいな声で言われたあとしばらく間があった。怒る寸前、あるいは怒ろうかどうしようか迷っていることがわかった。結局先輩は冗談の方向にハンドルを切り、そんなことをしたら(相手)が、(私)さんが自分に気があると勘違いするかもしれないだろ、と言っておしまいにした。

怒った、と思った。最後の台詞のあとに「そっち?」と言って笑っていた同僚には分からなくても私は分かった。今この人は本気で怒ろうとしていた。絶対に怒らないと公言している人間が、絶対に怒らないと公言している相手をたった一度だけ怒りかけたのが、私が自身を危険に晒したからなのだ、と思うとあまりの文句のつけようのない正しさに圧倒されてしまった。正直少し高揚した。だって危ないことをしたときに本気で叱ってくれるなんてほとんど親だ。私は常に親を欲していた。

そういうわけで結局、私が先輩を「正しい」人間だと信ずる根拠は一億あるにも関わらず、いつも真っ先に思い出すのは私に呼びかけた後のあの間だった。

コンスタンティノープル

エリスより遠い家 - もののはずみ

「人に言うことでもない」と書いたが、思うところがあったので書いておく。

何があったかというと触られた(手を握られたとか、抱き締められたというほどのものでは全くなく、たぶん一般的には全然大したことがないもの)んであって、その時は引いたとか気持ち悪いとかはなくただおどろいただけだった。「水着を着たら隠れる場所」を触られたわけでもなかった。コミュニケーションに長けたリア充どもはこういうことをするんだなあと思った。

数日なんとなく引っ掛かっていたのだが、でもやっぱり触られたこと自体への「引いた」でも「気持ち悪い」でもない気がして釈然としないでいたところ、自分を勝手にあだなで呼んでくる同僚に対していつも何を思っていたかをふと思い出した。

「許可を取れよ」だった。

精神であれ肉体であれ、意図して一線を踏み越えるなら、許可を取れよ。私の所有者は私なんだから、地主に断りなく私有地に入るなよ。そして、許可されなかったんなら入るな。

 

というようなことを考えていたら、下記のエントリを思い出したので読み返した。

kasasora.hatenablog.com

最初に読んだときから好きなエントリではあったけど今読むと本当に分かる(気がする)。「これは仕事ですか」(というような意味の質問)って訊けばよかった。確認したいけど、意図してその辺を曖昧にしているのだろうからそうするのは失礼かと思って訊かなかったんだった。訊けばよかった。

 

エリスより遠い家

「やれる人はいいじゃない。私はできない」 - もののはずみ

結果:

・おおむね楽しかったけど、御自宅に誘われてそれはちょっと行かない……と思った

・もう一個ちょっと、いやかなりびっくりしたことあったけどそれはまあ人に言うことでもない気がするので一旦胸にしまっておく

・(距離の詰め方が)早い早い早い早い!!リア充こえーな!!と思った

・初対面の時からわかってたけど、カーストって何?タイプなの確信した

・体育会系の部活動に継続して入ってるような人間は敵と思ってるのでうわ~~~~~我々(我々とは?)の敵じゃん……と思った

・当日は朝から「この人は特殊性癖この人は特殊性癖この人は特殊性癖」と自分に暗示をかけていたので気が付かなかったけど、後から考えるとカーストって何?みたいな人が私に興味?関心?を持つ経緯全然意味わかんね~~~~~~~~~

・先輩と出張行くとよく私の話してると聞いて、あ~~~~もしかしてそこまでしてくっつけたいのか……すいません……と思いました すいません