作文

 先週、仕事をさぼって遊んできた。さぼったというか休みは取りました。

 あまりに楽しかったので身ばれ覚悟で詳細を書きます。イエーイ先輩見てるう????

 待ち合わせは昼過ぎだったため朝っぱらからお風呂に入りしばらくパン1で過ごしたところ、この日に限ってめちゃくちゃ仕事のメールが来る。パン1のまま返す。仕事のLINE(前の課の後任から)も今何してました?とか言われたら今?パン1だけど?って返していいのかな……と思いつつパン1で返す(聞かれなかった)。ちょうど仕事のメールに返事をしたところだったので2分でLINEを返した(パン1で)のに一向に既読がつかない。パン1のまましばらく待つが返信の来る気配がないためパン1で髪を乾かす。

 嫌だと言っていたのに運動させられる予定だったので一応着替えを持って行くことにして渋々準備し、いい加減服を着て化粧をする。餞別にアイシャドウのパレットをくれた美しい人妻がくるので、そのパレットを使う。いつもよりも気合いを入れてラメをのせる。ディスコ・ダストじゃないけどディスコか?というくらいの仕上がりにする。代わりに口紅は薄いやつにする。

 少し早めに家を出てバス停の近くのパン屋でパンを食べ、そわそわしながら何度も携帯を見て、バスの来る頃にお店を出る。平日昼間なのに思ったより混んでいるから予定通りに駅に着いて電車に乗れるだろうかと不安に思うがちゃんと予定通りの電車に乗る。

 随分前から待ち合わせの場所にいるのに誰も来ないなあと思っていたらみんな反対方向の出口にいた。久しぶりに会うからなんか照れるな……と思った。一年ぶりに親族に会う幼児みたいだ。

 一緒に働いていた時より少し髪を切っておろしていたので、美しい人妻からいまはその髪型にしているのと聞かれてめちゃくちゃに照れた。しゃらくさい髪型の人が前を歩いているなと思ったら先輩(男性1)だった。私以外全員先輩なので、以下美しい人妻、先輩(男性1)、先輩(男性2)とします。

 てっきりみんな昼まで仕事をして一緒に来るのだろうと思っていたら先輩(男性2)だけどうしても仕事の都合がつかず昼まで働いたけど、他二人は一日休みをとったということだった。その他二人がいっときに一日休んで大丈夫なのかが若干気になったがきっと大丈夫なんだろう。

 激しい運動するつもりないですからねと散々言っておいたわりに相当(当社比)運動した。どのくらいかというと二日経ったいま、まだ筋肉痛が治っていない。美しい人妻がいろんなことに興味を示して次々にいろんなところに行くので最高だった。どう見ても運動神経悪くは見えない(体が柔らかいと言っていたし、体が柔らかい人はだいたい運動神経もいいと思っていた)のに、モノによっては私といい勝負だったのであ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜尊い……尊いな……と思った。彼女はほわほわしたタイプの美人というよりはきびきびした美人で、仕事もてきぱきとこなすタイプなので、職場の同僚でこういう一面を知ってるのは限られた人間だけなんだろうなと思うとかなり感慨深かった。初めて玉突きしたんだけど、美しい人妻も初めてだったらしく、ゲームの最中に「自分の順番が来るまで練習する!」と言って本当に隣で真剣に練習していた。美しい人妻はもちろん容姿も美しいけど、こういうところの心持ちが美しいんだよなと思ったし、私以外の二人もあの時かわいいな〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!と思ったと思う。絶対に。

 キャンペーンだか何かでプリクラを撮ることができたので、これも私は写りたくないと言ったけど、撮った。私はただでさえ現役の女子小学生〜高校生の頃からプリクラのらくがきに何を書いていいかわからないので書きたくない女子校生だったのに、今書けるわけがないにも関わらず書かされた。ので、現役女子校生だった頃と同じように「一発で適当な装飾がつくやつ」「日付スタンプ」「枠」のみ使用した。

 

 疲れたので後で続きを書きます。

お試し期間は終わってしまったよ

 どういうわけか最近よくどこに戻りたいのか考える。

 戻るというのは、今私はほとんど出向みたいな状態で仕事をしているので、その定められた期間が終わった後に、元々の職場のどの部署に行きたいかという話だ。

 私はそもそも仕事にお金を稼ぐ以上の意味を一切求めていない。今の職場は第一志望ではないし、それ以前に大学を受ける時に「大学では好きな勉強をしよう、全然就活には役に立たないだろうけど、大学を出たらあとは余生」と決めていた。 

 だから本当はどこに行こうがいいはずなんだけど、そしてそれなら少しでも楽な部署に行こうと考えるのが普通だろうけど、最近なんとなくそれ以外のことを考える。

 多分出向してみたら、あんなにみんなが出たがっていてそれに流されて私も早く出たいと言っていた(でも本当はそうでもないことは自分で分かっていた)前の部署が妙に懐かしく思えるからだと思う。その理由のほとんどは今の業務にも環境にもまだ慣れなくて勝手知ったる業務と同僚に対してホームシックみたいな気持ちを感じているだけだとは分かっている。

 でも少しだけ、もっと泥臭い仕事がしたい、と、ただあそこに帰りたいだけからだけではない理由でそう思っているのも多分本当だった。今の職場はずっと早く帰れるし、私の業務そのものには誰かの生活や安全や人としての尊厳がかかっていることもないから気は楽だし(前の部署より偉い人が出てくる確率はずっと高いのでそれは嫌だけど)、変な電話はあるけど返事をしなくていいから天国みたいだ。でもこういうんじゃない気がする。あの日何の気なしに開いた書類にあった文言を直視して追及する選択をしたときに決定的になったように思う。言わないほうがいいことくらい誰に言われなくても分かっていながら「分からなかったり困ったことがあったらまたいつでも私に連絡してくれ」と言ってしまった時にも。

正しさの権化

しそびれていた先輩の話をしたい。

 

ここで言う先輩というのは、去年の私の業務のうち、そのほぼ全ての前任者であり、その半分の相方だった人のことである。

そうなる前、私と先輩はただ同じ課に属しているだけで業務上ほとんど関わりがないという状況で一年を過ごしており、私は先輩に対して「調子のいいカースト最上位の人間、関わりたくない」以上のことを一切思っていなかった。

そういう訳で一年間同じ課にいながらまともに話したこともほとんどない、というところから二人で出張に行き始めて二回目くらいのとき、そのへんの適当なハンバーグ屋さんだかステーキ屋さんだかで一緒に昼ごはんを食べていると突然「大学の時ってさあ、一回くらい自殺考えたことあるでしょ?」と訊かれた。

その次くらいの出張の時、昼ごはんを食べるために入った定食屋に置いてあったテレビから交際相手を殺害した高校生のニュースが流れているのを見ていると、しみじみした口調で「殺したいくらい好きだったんやねえ」と言っていた。怖い。怖すぎる。先輩の奥さんは痴話喧嘩に包丁を持ち出したり結婚するための脅しで投身自殺を図ったりしたというのを踏まえるともっと怖い。

あまりに意図が分からなかったので、その後友達と遊びに行った時、アンパンマンショーの始まるのを待っている間に「どう答えるのが正解だったと思う?」と聞いてしまった。(我々は子連れではなく、大の大人二人でアンパンマンショーを見に行っていた。)

 

ある日、同じ職場のしちめんどうくさい人が私あての電話のあったことをわざわざ出張先に電話してきたとき、先輩が私の代わりに電話を掛け直してくれたことがあった。プレハブみたいな休憩室(そこがその日我々に与えられたスペースだった)の扉を閉めながら、ダイヤルしてから先方が電話に出るまでの間に胸ポケットから取り出した煙草を咥えて出て行った先輩を見ながら思ったことは下記の二つだった。

・先輩ありがとう、一生ついていく

・電話かけながら煙草咥えるやつ超かっけ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!私もやりたい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

後者は諦めた。私は喫煙者ではなかったし、何より女物の服のほとんどには胸ポケットがついていないからだ。あれは胸ポケットから煙草の箱を取り出さないとかっこよくない。鞄の中から小さなポーチを出してその中から取り出すんじゃだめなのだ。

 

我々の業務には人の間違いを指摘して直させるような部分が含まれていた。私の担当している案件で本当にどうしようもないものがあって、これはどんなに懇切丁寧に間違いを一つ一つ教えて正してやってももうどうにもならない、もうほんとに全部だめ、どうしようもない、潰す以外にない、と心の底から呆れ返ったので先輩に訊いた。先輩、ここどうにかなると思います?

俺はどうにかなると思う。そう言われて私は自分を恥じた。私はこんな風に決めつけたり神様みたいに断罪すべきじゃなかったんだ。

ただ、結果から言えば私が正しかった。ここは本当に、本当に、本当にだめだった。潰すしかなかった。潰せないが、でも潰す以外に直す方法はない。これは私だけの意見ではない。

 

先輩は私の前の”相方”があまりに問題のある人間だったことからその落差のせいで私を大層甘やかしており、最初から「絶対に怒らない」と公言していた。実際先輩はどんな時も優しかったのだけど、たった一度私に向かって怒りかけたことがある。先輩の担当している案件の関係で私が危ない橋を渡ったからで、あまりよろしくない人間を、私の個人情報が筒抜けになるような方法で捕捉しようとした時だった。それは他の人もやっていることだった。先輩はそうしようとしている私を止め、私は基本的に先輩のいうことは聞くので、やめた。それから、でも大丈夫ですよ前にも一度やったから、というようなことを言った。(私)さん、と呆れ半分あとの半分のうち驚きと怒りが半分ずつみたいな声で言われたあとしばらく間があった。怒る寸前、あるいは怒ろうかどうしようか迷っていることがわかった。結局先輩は冗談の方向にハンドルを切り、そんなことをしたら(相手)が、(私)さんが自分に気があると勘違いするかもしれないだろ、と言っておしまいにした。

怒った、と思った。最後の台詞のあとに「そっち?」と言って笑っていた同僚には分からなくても私は分かった。今この人は本気で怒ろうとしていた。絶対に怒らないと公言している人間が、絶対に怒らないと公言している相手をたった一度だけ怒りかけたのが、私が自身を危険に晒したからなのだ、と思うとあまりの文句のつけようのない正しさに圧倒されてしまった。正直少し高揚した。だって危ないことをしたときに本気で叱ってくれるなんてほとんど親だ。私は常に親を欲していた。

そういうわけで結局、私が先輩を「正しい」人間だと信ずる根拠は一億あるにも関わらず、いつも真っ先に思い出すのは私に呼びかけた後のあの間だった。

コンスタンティノープル

エリスより遠い家 - もののはずみ

「人に言うことでもない」と書いたが、思うところがあったので書いておく。

何があったかというと触られた(手を握られたとか、抱き締められたというほどのものでは全くなく、たぶん一般的には全然大したことがないもの)んであって、その時は引いたとか気持ち悪いとかはなくただおどろいただけだった。「水着を着たら隠れる場所」を触られたわけでもなかった。コミュニケーションに長けたリア充どもはこういうことをするんだなあと思った。

数日なんとなく引っ掛かっていたのだが、でもやっぱり触られたこと自体への「引いた」でも「気持ち悪い」でもない気がして釈然としないでいたところ、自分を勝手にあだなで呼んでくる同僚に対していつも何を思っていたかをふと思い出した。

「許可を取れよ」だった。

精神であれ肉体であれ、意図して一線を踏み越えるなら、許可を取れよ。私の所有者は私なんだから、地主に断りなく私有地に入るなよ。そして、許可されなかったんなら入るな。

 

というようなことを考えていたら、下記のエントリを思い出したので読み返した。

kasasora.hatenablog.com

最初に読んだときから好きなエントリではあったけど今読むと本当に分かる(気がする)。「これは仕事ですか」(というような意味の質問)って訊けばよかった。確認したいけど、意図してその辺を曖昧にしているのだろうからそうするのは失礼かと思って訊かなかったんだった。訊けばよかった。

 

エリスより遠い家

「やれる人はいいじゃない。私はできない」 - もののはずみ

結果:

・おおむね楽しかったけど、御自宅に誘われてそれはちょっと行かない……と思った

・もう一個ちょっと、いやかなりびっくりしたことあったけどそれはまあ人に言うことでもない気がするので一旦胸にしまっておく

・(距離の詰め方が)早い早い早い早い!!リア充こえーな!!と思った

・初対面の時からわかってたけど、カーストって何?タイプなの確信した

・体育会系の部活動に継続して入ってるような人間は敵と思ってるのでうわ~~~~~我々(我々とは?)の敵じゃん……と思った

・当日は朝から「この人は特殊性癖この人は特殊性癖この人は特殊性癖」と自分に暗示をかけていたので気が付かなかったけど、後から考えるとカーストって何?みたいな人が私に興味?関心?を持つ経緯全然意味わかんね~~~~~~~~~

・先輩と出張行くとよく私の話してると聞いて、あ~~~~もしかしてそこまでしてくっつけたいのか……すいません……と思いました すいません 

 

「やれる人はいいじゃない。私はできない」

4月から出向になり、今までとは毛色が違うかなり特殊なところで大変苦労しているのですがそれはまあよくて、今最大の問題の発端はお世話になった先輩が先々月の送別会の席で私に向かって何かのついでみたいに「(私)さんのことが気になってる男から連絡があると思うから」と言ったことだった。

なあ、これまで散々「私を会員にするようなクラブには入りたくない」(今知りましたが「アニー・ホール」に出てくるセリフなんですねこれ)って、100パターンくらい言い方を変えて説明したよな。私と寝るくらいなら地面に穴を掘ってそこに突っ込んだほうがいくらか楽しいとまで言ったよな。忘れた訳じゃないよな。

と、思ったのでだいぶしぶとく抵抗し、その時しつこく「誰ですか?◯◯さんですか?」と聞いた、そして誰なのかは当然教えてもらえなかった(教えてくれるような人ではないと知っていたが、アルコールを摂取していたしあまりに動揺したので聞いてしまった)その◯◯さんから連絡が来たのが少し前だった。やっぱりお前じゃないかバーカと思った。

連絡が来る少し前に先輩と御飯をたべた時、意味がないと分かっていたのでもう「誰ですか」とは聞かなかったんだけど、やたらに◯◯さんを褒めるのでやっぱりそうなんじゃねえかと思った。やっぱりそうだった。しばらくしてから先輩含めて飲みに行った時にやっぱりあいつなんじゃねえかよあの時やたら褒めるからそうだろうと思ったよと言っておいた。

先輩は◯◯さんに心酔しており本当にいいやつだからと言っていて、まあそれはそうだろう先輩が気に入るようなタイプの人間であることは一目見て分かるなと思ったのでそう言った。散々言い含めておいたのに忘れたようだったのでもう一回私で機能する男は性癖か視覚か脳か精神がおかしいので病院に行った方がいい、あと私は別に私自身がどうなろうとどうでもいいけどめんどうなのが嫌なので行為に伴うあらゆる準備がめんどうだから嫌だと言った。◯◯はピュアだからそういうことは本人には絶対言うなと言われた。処女なんだから私の方がピュアだろうがと思ったけど黙っていた。

翌週先輩に飲み会のお礼のメールを送り、ついでにもっとまともな女を紹介してやれよ、そんなに気に入ってる素晴らしい奴なら、と半分は自分がこれから逃げたいから、半分は本心で付け加えておいた。怒るかもしれないなと思ったけど半分は本当に心からそう思っていて相手があんまり気の毒だったから1時間以上迷った挙句書いた。私は先輩のことを本当に信用していて素晴らしい人間だと思っていたしかなり好きだったので、これで怒られたり嫌われたり縁遠くなったらと思うと相当なためらいがあったけど、書くべきことだと思った。

そうしたら、あなたが素晴らしい女性だからこそ素晴らしい◯◯君に紹介するんですよ、ときた。本当お前そういうとこだよ。電車の中で苦虫を噛み潰したような顔になったのを一生忘れないと思う。私は先輩のことを相当に高い人間性を持っている人だと思っていて、先輩がその高い人間性を感じさせる言動をする度に(人間性!!)と心の中で言っていたがこの時も脳内で(人間性!!)と吐き捨てた。

大体私が盲目的に信用している人間である先輩のお墨付きであるところの(つまり人間性についてはある程度担保されていると言って良い)◯◯さんが一体なんだって私に興味を持つのかが全く意味がわからない。私だってある程度ブスじゃないと興奮しないという派閥があるのは知っている。その意味するところはよく分かる。でもブスさにも限度があるし、人間性に瑕疵のあるブスをわざわざ選択しなくていいと思う。

そもそも◯◯さんは私が異動するのと入れ替わりでそこに来た人なので、一体何を見て私に何らかの関心を持ったのかがさっぱりわからない。先輩と同じくカーストの頂点に立つ人間であることは一見して分かるのでますます意味不明度合いが増していく。

勘弁してくれ。行為や言動や物なら好きなだけ持っていっていい。金もある程度ならかまわない。その奇特さに免じて私が老後ぎりぎり困らないくらい持っていけばいい。頼むから気持ちを要求しないでくれ。何もやるものがない。ブスのくせにとか処女のくせにとか言われても、何もないところから仏像を取り出すことはできない。そしてそれを真人間に説明する能力を私は持っていない。

私は私の宗教である私の最初の上司から誠実たれという命をうけているので、もし説明を要求されたら本当に私の思っているところを説明する(私はそれが誠実だと思うから)つもりではあるけど、絶対に通じないと思う。適当な嘘をでっち上げた方がいいんじゃないかとは前から思っていた。初恋の人が死んでそれ以降操を立ててるとか、子供を産めない体だとか男の人からひどいことをされたことがあるとか。でもそれは本当にそういう体験をした人に対しておそろしく失礼だから嫌だ。

ということで困っている。

見えるようになったこと

見えない - もののはずみ

これを書いた二日後に“それ”を見つけてしまったのでびっくりした。オカルトかスピリチュアル系みたいなことを言うとそれが天からの啓示じみたもの、或いは「目を開く勇気を下さい」に対する回答であることがはっきり分かったので(私はスピリチュアルみたいなのが本当に全然好きじゃないからこういうこと書くと鳥肌がたつんですがでもこの時はこう思ったのでしかたがない)、直視した。

そうしたら色々あってかなりのおおごとになってしまい、私は尊敬する先輩(かなり理性のある人)が声を荒らげるのを始めて聞いた。はっきり言って怖かった。業務としてそうすべき場面だったので先輩は正しいことをしたに過ぎない(ついでに言うと人間としても正しい振る舞いだった)んだけど、怒られている人が傍にいると自分まで萎縮してしまうというのが発動してしまった。私は先輩と一緒になって相手を怒鳴りあげないといけなかったのに、横で縮こまっているばあいじゃなかったのに。

先日この件がひと段落した結果を見て、私の目が開かれなければ何もかもが見逃されていたんだろうなあと思うと、これまでそうやって見逃してきたに違いない数々のおおごとが背中にのしかかって来るようで息苦しくなった。でもとにかくこの時は見えてよかったと思う。

 

具体的なことを書けないのでなんのこっちゃと思われるでしょうが、私にとってかなり重大なできごとだったので書きました。