なんでわたしはすぐ泣いてしまうのか

 去年までお世話になった先輩の話をしたから今度はいまお世話になっている先輩の話を書こうと思っていたがだいぶ憤懣やるかたないことが起きたのでその話をします。

 

 今所属している係には(今後悪化はしても改善・解決することはおそらくないだろう)人間関係の問題がある。ひとりは若い女の子でひとりが私より上の男の人。若い女の子、も私より年上ではあるが敢えて「女の子」と書く。いちいち書くのがめんどうなので、男性を仮にサトウさん、女性をスズキさんとする。
 私が今の係に来る前からそうだったらしいが、遠い席に座っていたので全然気がついていなかった。今思い返してみるといつ気がついたのか(あるいは誰かから教えられたのか)まったく思い出せない。同じ業務を共有して、ものすごくよくしてもらっている先輩が、サトウさんいろいろ大変だからやさしくしてやってね、と言うのを助手席で聞いていたときは何一つ気がついていなかったことだけは確かだ。そんなに業務が偏っているのかなあ、かわいそうに、と思った。頭が悪い。察しも絶望的に悪い。
 
 何度かサトウさんが声を荒げるような事態があり、まあそりゃあんな言い方や態度は誰だって怒るでしょうよというようなことが原因だったけどなにしろ男の人が自分より下の若い女の人に対してというのでだいぶ分が悪いわけです。何人かが上司から事情聴取を受け、恐らくは私を含めた全員がサトウさんは悪くありませんと言った。
 話の分かる上司に先輩がどうかサトウさんのキャリアに傷がつかないようにしてほしいと言い、私はスズキさんが男性ならよかったんですかと言った。上司はいくら話が分かると言っても上司であるので、私の質問の形をした八つ当たりには答えなかった。

 私はスズキさんのことも割に好きだ。悪い子じゃないんだけどなあと思う。私に対してはやさしいしよくしゃべってよく笑う基本的には感じのいい子だと思う。
 よくかっこいい車に乗せてくれるとてもきれいな女の人が、スズキさんは子供みたいなところがあるから、と言っていた。たぶんその通りで、スズキさんはいやなことは聞きたくないしめんどうなことはやりたくないしなんでわたしがこんなことしなくちゃいけないのって思ったら全部口に出して言ってしまう。それだけ。サトウさんを貶めてやるみたいな深い悪意があるわけでもなんでもない。ただ悪い意味で極度に自分に素直である。誰かに正論で諭されたらだってなんとかくんがこう言うからとかだれだれさんにこう言われたからとか口をとがらせる。容姿は結構かわいい。
 悪い子じゃない。私が仕事を手伝ったらおかしをくれる。コーヒーを買ってくれる。ごめんね手伝わせて、自分の仕事できなかったでしょう、と言ってくれる。目的地まで電車で行けるから大丈夫ですと言っても車で迎えに来てくれる。にこにこして美味しい食事に誘ってくれる。悪い子じゃない。でも悪い人ではないと言うことはできない。
 悪意があって攻撃しているというつもりじゃないから、困ったことにスズキさんはたぶん自分が理不尽にいじめられていると思って、それで真剣にストレスをうけている。それはそれで気の毒ではある。ずっとあの調子ならこれまでだって買わなくていい怒りを買うこともあったろうに今までだれも教えてあげなかったのかなと思う。でも先輩(スズキさんと同期で、精神的に大変に成熟している)が何度も諭した結果が「だって~くんがこう言うから」だったので、いろんな人が教えてあげて全部空振りだったのかもしれない。

 サトウさんはスズキさんのいないところでこの件についてみんなに謝る。スズキさんに対して本当に腹に据えかねていることを冗談めかして話す。スズキさんは何も語らない。少なくとも私に対しては何事もなかったかのようにその話題を丁寧に避ける。私と二人のときくらい何か言ってくれたら多少は有用なことを言えるかもしれない気がするときがある。ああいう言い方はよしたほうがいいんじゃないですかとこっそり言ってあげた方がいいんじゃないかと本当に迷ったこともある。でも言わない。


 というのが長い長い前置きである。
 先日部署の飲み会があった。そこでサトウさん私のところへやってきて、この件についてひとしきり謝罪したあと、まだ係長にも言ってないんだけど、と切り出した。まえから他の部署から異動しないか誘われてて、今まで今の仕事がおもしろいからって断ってたんだけど、こんな状態だし、受けようと思ってるんだよね。
 どうしてサトウさんが気遣ったり割食ったりしないといけないんですか、サトウさん悪くないじゃないですか、納得がいきませんと憤慨する私をサトウさんがまあまあと宥め、たぶん俺来年は係は変わるだろうけど同じ課内にいたらまたみんなに迷惑をかけると思うし、まあ良いタイミングだし、みたいなことを言った。私は今まで冗談半分で本人に向かってこのあいだサトウさんがキレた時泣いちゃうかと思いましたよとかサトウさんとスズキさんと私で出張行くときの緊張感やばいですとか気軽に言ってしまっていたことをかなり後悔した。
 私は、えー、とか、いや、私にコメントする権利はないですしサトウさんがお決めになることですけど、とかぐちゃぐちゃ言いながらビールをのみ、皿の上の焼き魚をほじくりまわした。たぶん私だってサトウさんの立場なら同じように考えて同じ選択をすると思う。でもいやだった。
 飛ばされるわけじゃないからきっとサトウさんのキャリアの傷には、少なくとも誰にでも視認できるような明らかな傷にはならないんじゃないかと思う。せめてそうであってほしかった。

 

 帰りにサトウさんが車で送ってくれ(サトウさんは基本的にお酒をのまない)、いつもなら乗った場所から一番近い駅で降ろしてくれるように頼むところを家の近くまで送ってくれるように頼んだ。そうしたらこの話ができるんじゃないかと思った。何人かの同乗者をそれぞれの駅とか自宅近くとかで下ろし、サトウさんが前においでと言うから空になった助手席に乗り直し、いつ切り出すか迷いながらずっととりとめのない雑談をしていた。サトウさんはあの話をしたくないのかな、だから全然関係ない話をひっきりなしにふってくるのかな、あの話をすると言ったって「私はあなたが損をすることには納得がいかない」の他に言うことなんてないしな、と思っているうちに家に着いてしまい、私はとうとうその話をしなかった。

 車を降りて時間を確認しようと携帯電話をとり出すと先輩から着信があり、折り返すとたいした内容ではなくて、私はそのついでに、サトウさんの話ききましたか、といっそ聞こうか迷ってやめた。私にできることはなんにもなかった。

先輩の話

 去年の仕事のうちひとつは天文学的な金額のお金を動かすことだった。
 私はお金を扱うのが怖くて絶対にやりたくなくて、だから就職活動で練習とばかりに手当たり次第にいろんな会社の面接を受けに行ったときも銀行は受けなかった。万が一億が一受かってしまったら、そしてそこにしか受からなくて行くことになったら困るからだ。

 私と上司しか残っていなかった残業中、私の隣の席に腰を下ろした上司から翌年度は私にその仕事をやってもらおうと思うという旨のことを言われたときは目の前が真っ暗になった。上司はいつものようにちょっと困った最高にキュートな笑顔で、だいじょうぶだからそんな顔しなくていいと言った。大丈夫ではない。
 結果から言えば「大丈夫」と自信満々には言えないまでも大きな失敗はしなかった。というのも、私はただ右から左にお金を動かすだけで、右から言われたことを左に伝え、左から言われたことも右に伝え、その伝達に誤りがなければ私が自分の頭で考えることはほとんどなかったからだ。毎年同じことを繰り返す仕事だったので、「言われたこと」の範囲外は過去の記録を見ればすんだ。
 ただひとつ、例年にない大きなイレギュラーがあった。その頃には私は自分のすべきことがある程度分かっていたから、まず過去に同様のイレギュラーが生じていないかを調べた。記録に残っている範囲で一度だけ起こっていたことが分かったので、膨大な書類の中からそれを見つけ出した。よしよしと思った。不安は不安だったが、過去の記録を見ればすべきことは分かるし、準備ができる。何をすればいいか見当もつかないよりずっといい。と思いきや、その一度では担当者が失敗して大きな損害を引き起こしていた。記録には当時の係長がどうにか失敗を取り返せないか頼みに行って断られたこと、迷惑を掛けた先に課長が頭を下げに出向いたことが書いてあった。絶望した。
 その時にとても助けてくれたのが先輩(と言ってもだいぶ年上だった)だった。この人はもともととても真面目で優しくて面白く親切で面倒見がよく、そういう美点を隠そうと日頃なにかにつけ私をくさしたりからかったりしていたが、困っていると一番に気付いてくれて、絶対に助けてくれていた。そして、たまたま、私のしていたのと類似の仕事の経験があって、このイレギュラーについても一定の知識があった。
 先輩は書類を見て私が全く気付いていない留意点を教え、私がさっぱり分からない様子なのを見て私の代わりに電話をかけ、私の代わりに上司に説明し、私が助けてくださいと言ったらやだ!と言いつつ結局話を聞き、しかるべき人のところに私を連れて質問に行き、私に言い忘れていたことがあったら気に病んで翌朝に私に謝りに来て、しょっちゅう私のところにやってきては大丈夫なのか聞いた。げんき?としょっちゅう聞くので、ふつうです、とか、まあまあです、とか、とにかく「元気です」以外の答えを返すと、ふうん、げんきじゃないんだぁ、と言いながら立ち去った。
 そんなふうなのに、本人は私を「いつもいじめている」と言っていた。一緒に出張に行ったときだってお昼を奢ってくれて、これ以上親切にしてもらうわけにいかないのでだいぶ強く断ったのだが、「いつもいじめてるから」と言って結局払わせてくれなかった。それどころか、何度もいらないと言ったのに私の注文に半ば強引にケーキを追加させた。

 私は自分の人間性に対してかなり人に恵まれている方だと思うし、事実去年私の身近にいた人たちは、みんな優しくて親切で真面目でいい人たちばかりだった。そんな中でもこの人は別格だった。先輩は私の上司ではなく、教育係でもなく、副任でも、前任でもなかった。その上私は本当に使えなくて、この人にもたくさん迷惑を掛けたのだから、私の面倒を見てやる義務も義理も、ぜんぜんなかったはずなのだ。なに泣きそうな顔してるの、とか、もう、気が利かないんだから、とか、言わなくてもよかったし、私にチョコレートとか缶コーヒーとかハンドクリームとか、やらなくても全然よかった。それに、今だって、きっとよろこばしいことに私とはもう何の関係もないのだから、すれちがいざまに挨拶してやる必要だって全然ない。私が気付いていないのに、やっほー、とか、わざわざ声かけてよろこばせる必要なんて全然ないのに。

 先輩はふつう下っ端がやるようなこまごました仕事が得意で、よく付箋だのボールペンだのといった共用の消耗品を補充して整理していた。そういったものが入っていた空箱をきれいに切って、キャビネットの引き出しに入れて仕切りにし、隙間なく、でも取り出しにくくない程度に中身をきっちり詰める。数日前、その箱に付箋を補充しながら、ああこんなにぎちぎちに詰めたら気が利かないって言われるな、と思ってから、もうそんなことを私に言ってくれる人はいないんだなと気がついた。

カバンの中身

今週のお題「カバンの中身」

 こういうの、よっぽどの文章力がないと写真やイラストなしではおもしろくないですよね。分かっちゃいるけど汚いんですよ、部屋が。

 

 ・財布

 ・携帯

 ・iPod shuffle

 ・化粧ポーチ

  (櫛、鏡、アイブロウ、アイライナー、コンシーラー、色付きリップクリーム)

 ・手帳

 ・コンベックス

 ・名刺入れ

 ・眼鏡

 ・フリスク

 ・ロキソニン

 ・制汗剤

  (スプレー、シート)

 ・日焼け止め

 ・ペンケース

 (シャープペン(複数)、ボールペン(複数)、蛍光ペン、付箋、定規、消しゴム)

というところでした。多いな。

京都に行きました

 お盆の辺りで京都に行ってきた(二年ぶり二度目)。前回同様友人宅に泊まらせてもらって、前回同様仕事の夢を見た。

 私の学生時代の修学旅行の行き先はもののみごとに古都を避けていたので、友人には申し訳ないけどこの夏の京都でベタな観光地ばかり行かせてもらった。伏見稲荷清水寺と八坂神社。分かりきっていたことだけど相当に暑くて、私は相当な汗かきなので顔面がそれはひどいことになった。顔の汗対策としてきちんとフェイスパウダーを塗ると、でろでろのぐちゃぐちゃにはならないんですが撥水加工された布に水を落とした時みたいに水滴が沢山生じるので見た目はでろでろのぐちゃぐちゃよりよほど醜悪なんですよね……。

 清水寺に南部鉄器の風鈴が沢山下げてあって、壮観でよかった。有名な喫茶店に行って、有名なメニューが軒並み売り切れだったのでメロンソーダを飲んだ。久しぶりに飲むメロンソーダは美味しかった。

 おしゃれっぽいところでクラフトビールを飲み、その帰りに寄ったスタバで初めてワッフルに生クリームをつけた。挙句にシロップをかけてシナモンをあほほどかけた。罪が大きい。美味しかったです。

 

 泊まらせてもらう上にそこまでしてもらうのは悪いなと思って、何か作るよと言ってくれていたのを断ってできあいの食べ物を一緒に買って帰って彼女のお家で食べた。まあまあ美味しかったんだけど、以前御馳走してもらった友人の料理の方が圧倒的に美味しかった。もしまた機会があったら頼み込んで作ってもらおうと思う。今回断ったのは私は料理が全然できない(もともとレシピ通りに作る程度の技術しかないのに、ここ二年全く料理をしていない為より悪化した)ので一緒に作ることが不可能だから、というのが大きかったので、それまでに練習しておこう。

 

 それと私は本当に極度の方向音痴なんですが、乗換アプリの力を借りて梅田での乗換を無事に行うことができたのでもうなんでもできるしどこにでも行ける気がする。これからも文明の利器の力に頼って生きていこうと思う(機械に!頼って!生きていこう!)。


tvcm 南陽 

無題

 世の中いろんな人がいるんだなという断片は去年までである程度分かったつもりでいたが、全然分かっていなかったようだ。

 いい子ぶっているようだけど、おまえ、それが人間が人間に対してやることかよ、という事実が世の中には随分多い。何も知らなかっただけだったんだなと思うとかなりショックだ。

 

 そういう掃いて捨てるほどある現場のうちひとつ(相対的に言えばかなりマシな方)で、私は偽善者で沸点が低く見切りをつけるのが早いので、こいつら何もわかってないな、駄目だ、と思って不貞腐れた態度をとってしまった。後で、あれどうにかなると思いますか、私どうせ何も変わらないと思うんですけど、と先輩に訊いたら、俺はどうにかなると思う、と言っていたので、自分の人間性を恥じた。

近況

 新年度から係が変わって大幅に業務内容が変わった。毎年業務が変わってるんですけど、毎回「これ一番私に向いてないたぐいのやつだな」と思っています。むしろ向いているものがあるのか?

 それはどうでもいいんですがすごく好きな上司と先輩(二十歳程上なので先輩という呼称には納得していません)が異動してしまって大変つらい。この二人には本当にお世話になった。死ぬ程迷惑を掛けたのによく見捨てずにいて貰えたなと心から思う。特に先輩に関しては私に対する責任はない(全くとはいえないのかもしれないけど)のに面倒を見て貰いっぱなしだった。かなり申し訳ない。でも出るところに出たら何らかの制裁を与えられるレベルの発言を全部笑って許したのでちょっと大目に見て欲しい。

 送別会で先輩に五回くらい話し掛けに行ったけど、言いたいことは沢山あったはずなのにいざそういう場となると全然真面目な話をできなくてかなり後悔している。上司にはいっぱい褒めて貰ったし励まして貰ったので満足……と書いてから、あんまりお礼を言っていなかったことに今更思い至った。だめじゃん。

 二年前の年末に、来年は楽させてもらいます、と言われたからそうする為に一年と少し頑張ったし、誠実であれ、あなたにはそれができると言われたからそうする為に今年度いっぱいは頑張れると思う。頑張っていれば誰かが必ず見ていて評価してくれるという旨のこともちょくちょく言われたし今度も言われたけど、それに関しては私はあまり信じていない。でも上司ができると言ったことなら私はできる(なぜなら上司は正しい)ので、上司の教育が正しかったことを証明する為にも頑張ります。

 

 新しい係の人達はいい人ばかりで、特に私と組んで仕事をする人は本当に親切で優しいのでありがたい。その人は去年会社の備品を失くしていて、そのせいで私の当時の上司(上記の上司と同一人物)も結構迷惑を被ったりしていた。でも実際に一緒に仕事をしていると(本当失礼なんだけど)驚くくらいきちんとしていて、どうしてこんなにちゃんとしている人が備品なくしちゃうんだろうと思う。

 みんな去年までの私の無能っぷりを知らなくて私がそれなりに仕事できると勘違いしている節がかなりあるので、気付かれる前に必死で誤魔化し方を学ばないと本当にあぶない。異動した上司と先輩の教育によってかろうじて人間の形を保っているけどこの二人をもってしてもこれが限界だったんです。がっかりしないで欲しい。

 

 去年の業務内容の変化は「よりによってなぜ私にこれをさせようと思ったのかどの視点から考えても全く意味が分からない」というところがあって、うまくできなかったらどうしようとかいう前に「上司の考えていることが分からない」という大きな不安要素があった。しかしその点今回の係異動は意味はよく分かる。私にできるかどうかという視点が完全に欠落してはいるが、意味は分かる。それだけましだ。

 まあできるかどうかで言うと、できない気がします!さっき頑張るって言っておきながら!

鬱病の話

  新しくこの部署に来た人が上司に向かって「あなたが今年誰も潰さなかった(病休者等を排出しなかったの意)はすごいですね」というようなことを言っていたけど、まあこの人いまより下の役職だったときに少なくともひとり潰しているからなあと思って聞いていた。それは私が入社するより前の話で、なぜ知っているかというと潰れた本人から聞いたからだ。そしてその潰れた本人は私がとてもとてもお世話になっている好きな先輩(学校でもないのに二十も歳の離れた人にこの言葉を使うのは違和感があるが、上司ではないし年齢も経験年数も段違いである以上同僚とも言いにくいので便宜的にこう言う)だった。
  この上司が、少なくともいまの私や先の人にとってはとてもいい上司であることは疑いようがない。事前の申請より長く残業しておきながら面倒だからとその報告をしないでいると珍しく真剣に注意されたことがあったのだが、同じ役職でそんなことをする人はこの部には他にいない。それでいながら昔は直属の部下(つまり、私が非常に世話になっている先輩)が休みの申請を出した上で出勤していても放っておいたのも本当らしい。
  じゃあこの上司と先輩は現在険悪であるかというとそうではなく、お互い気安い口を利いている。そして上司は先輩のいないところで私に向かって、ただのつきあいの長い気心の知れた部下のことみたいに「(先輩)さんも悪い人じゃないんだけどね」などと言う。私に対する先輩の言い方がきついので。フォローのつもりで。
  私は先輩をいやになったり嫌いになったりしたことなんか一秒もないのでただでさえそういう言い方をされると神経が逆撫でされるのだけど、とりわけこの上司がそういうことを言うとあなたがそれを言うのかよと思っていらいらしてしまう。この上司は大好きだし、たくさん迷惑をかけたし、お世話になっている。でもそれとこれとは全く別の問題で、この上司を好きな以上に私は先輩が好きだ。憎まれ口をたたきながら一から十まで世話を焼いてくれる人であるのを毎日毎日世話を焼いて貰った人間である私がわからないわけないだろうがと思う。顔を合わせるたびにきつい冗談を言われているにも関わらず私が先輩を好きなのを茶化す権利はあなたにはないだろうがと思う。何したのか知ってるんだぞこっちは、ひとひとり潰しておきながら、と思う。